こども領域のアップデート

Blue Puddle KIDSは、新しい「こども表現」「こどもコンテンツ」を追求するチームです。

得意なジャンル

絵本・玩具・教育・子育てなど、こども関連の領域をアップデートに挑戦していきます。特に「こども×デジタル」に関する領域を得意として、これまでにも数々のこどもコンテンツを作ってきました。

インサイトがわかるパパ/ママチーム

プランナー「佐藤ねじ」、おもちゃ作家「佐藤蕗」、イラストレーター「あけたらしろめ」、WEBエンジニア「橋本大和」、アプリエンジニア「堤修一」など、実際に子育てをしているパパ/ママメンバーで構成されています。

息子シリーズ

Son Series

大人の悩みに6歳児が答えるラジオ

  • ラジオ
  • 2018

6歳児がリスナーのお悩みや近況を語るラジオです。

癒しのラジオとして、Voicyで人気

5歳児が値段を決める美術館

  • ECサイト
  • Web
  • 2017

こどもが4歳から5歳のあいだに作った作品を、こどもが決めた値段で販売するECショップ。152円から1億円や無量大数円まで、個性的な値段がついてます。

ZIPなど多数メディアで紹介

3歳の写真家

  • 息子シリーズ
  • 2015

3歳の写真家による、個人利用OKな無料写真サイト。iPhoneは3歳児を写真家にしました。幼児独特の目線で、おもちゃを連打するように、シャッターを切っていきます。

DDN JAPANなどで紹介

2歳児が語る日本の社会問題

  • 息子シリーズ
  • 2014

現代の社会問題についてどう考えているのか、2歳児に聞いてみました。

息子シリーズ

たぶん世界最年少のクリエイティブディレクター

  • 息子シリーズ
  • 2013

サイトデザインから構造設計まで、すべて1歳の息子に決めてもらい制作したサイトです。こどもの絵の変な場所にリンクが貼られてたり、謎の文字列がコーディングされてたり…と、不思議なサイトができました。僕はすべて彼の指示に従って、デザインしたのみです。

子育てハック

Parenting Hack

くらしのひらがな

  • あいうえお表
  • 2016

家のいろんな空間に、立体ひらがなを配置し、子供にひらがなを覚えてもらうための「暮らしのあいうえお表」を作りました。

SNSで話題に

エコー画 〜生まれる前の似顔絵〜

  • イラスト
  • サービス
  • 2018

エコー写真を、イラストにするサービスです。

顔ハメ絵本

  • 絵本
  • 2017

人間が、物語の一部になれる絵本です。これぞ、本物のFacebookです。

お年玉契約書

  • ポチ袋
  • 2018

お年玉の新システム。今年1年の目標(鼻くそほじらない等)を話し、子供のサインをもらってから、お年玉を支払います。

路上絵本

  • 絵本
  • 2014

道を「絵」に見立て、そこに小型プロジェクターで「文字」を投影し、こどもと歩く散歩道を絵本にする試みです。

デジタル絵本アワード2013:企画賞

こども株式市場キッズ

  • Web
  • こども
  • 株式会社WEB企画
  • 2018

こどもが想う夢を、株式会社で表現しました。マザーズと違って、キッズでは金銭による投資はありません。

PARK PEN

  • 木の枝
  • 2016

落ちている木の枝を、公園専用のペンと定義しました。枝を集め、文具のようにパッケージし、1mmから15mmまでの太さ順に並べました。

JDN、箱庭で紹介

アレクサスポーツ

  • AIスピーカー
  • 2018

AIスピーカーアレクサを使ったスポーツを、いろいろ試してみました。

毎週ハッカソン作品ー1

デジタル玩具

Digital Toy

ダンボッコ

  • 玩具
  • 2015

ダンボールとスマホだけでお料理体験ができるスマートおもちゃです。ダンボールなのに煮る、焼く、茹でる、切るなどなど、様々な料理の体験をすることができます。

2015年に発売!

小鼓パンツ

  • デバイス
  • 2013

子どものお尻を軽くタッチすると「ポンッ!」といい音が鳴る、遊べる子ども服のデバイスです。

ねとらぼ、KAI-YOUに紹介

ゴープロボ

  • おもちゃ
  • 2014

おもちゃには、どんな風景が見えているのでしょうか。小型カメラ(ゴープロ)が差し込める、ロボットのおもちゃ「ゴープロボ」をつくり、こどもが遊ぶ姿を撮影しました。

教育系

Education

Kocri

  • アプリ
  • 2015

黒板と電子黒板のイイとこどり。教室にスマホを持ち込んで、100年以上変わらない黒板を変えよう。実際に製品化し、たくさんの小学校に導入されています。

グッドデザイン賞ベスト100

授業AIアシスタント「Josyu」

  • AI
  • Web
  • 株式会社サカワ
  • 2018

授業中の音声をデータ化して、新たな活用法を提案するAIアシスタント「Josyu(ジョシュ)」の企画制作をお手伝いしました。

iPad卒業証書

  • 卒業証書
  • 多摩市立愛和小学校
  • 2015

愛和小学校の卒業式に合わせて、「iPad卒業証書」を制作しました。卒業アルバムのように「クラスメート」「担任」「下級生」「職員室」の写真アイコンが並び、それぞれ直筆のお祝いのメッセージが収録されています。

Yahoo!Creative Award 2015 個人部門:ブロンズ

メンバー

MEMBER
佐藤ねじ
アートディレクター/プランナー
 | 
代表

1982年生まれ。面白法人カヤックを経て、Blue Puddle inc.を設立。『変なWEBメディア』『5歳児が値段を決める美術館』『Kocri』『くらしのひらがな』『レシートレター』『しゃべる名刺』『貞子3D2』など、様々なデジタルコンテンツを量産中。2016年10月に著書「超ノート術」を出版。主な受賞歴に、文化庁メディア芸術祭・審査員推薦作品、Yahoo Creative Award グランプリ、グッドデザイン賞BEST100、TDC賞など。

あけたらしろめ
イラストレーター/プロダクトデザイナー
 | 
ギルドメンバー

モノクロ画家。2011年多摩美大卒。音響機器メーカーでプロフェッショナル向け音楽制作機器の製品デザインを手がける傍ら、シロとメロという双子のキャラクターをモチーフにした作品で作家活動を開始。2018年に「あけたらしろめのアトリエ」をオープン。掲載歴に「モノクロ絵の世界」BNN出版(2015年)、「ILLUSTRATION 2018」翔泳社ほか。夢はこどもに愛される絵本をつくることと、美術館をつくることです。

橋本大和
フロントエンドエンジニア
 | 
ギルドメンバー

1988年生まれ。新卒で面白法人カヤック入社後、星野リゾートへ転職し、その後ブルーパドルへ参画。WEB+iPhoneアプリのエンジニアとして、アイアドバタイジングや、貞子3D2アプリの仕事を、カヤック時代に手がける。もともとFlashエンジニアのバックグラウンドがあり、演出系に強いタイプ。競馬と野球をこよなく愛する。

佐藤蕗
おもちゃ作家
 | 
ギルドメンバー

1982年生まれ。一児の母。店舗設計会社、建築設計事務所勤務を経て、第一子出産を機にフリーランスに。育児をしながら作っていたおもちゃが反響を呼び、デザイナー、イラストレーターの活動のかたわら、おもちゃ作家として、雑誌、web、テレビで活躍。不定期でおもちゃ作りのワークショップも行う。新作おもちゃは、ホームページで随時公開。著書に『“魔法の手作りおもちゃ"レシピ』(宝島社)がある。

堤修一
iOSエンジニア
 | 
ギルドメンバー

1978年生まれ。フリーランスiOSエンジニア、兼ブルーパドル非常勤メンバー、兼サンフランシスコのFyusion社勤務。著書に「Metal入門」(2018)、「iOS 11 Programaming」(2017)、「iOS×BLE Core Bluetooth プログラミング」(2015)、 「iOSアプリ開発 達人のレシピ100」(2013)。GitHubで「iOS Sampler」シリーズ他さまざまなオープンソースを公開し、同サイトの"Trending"にて何度も世界1位を獲得している。

泉田隆介 a.k.a. poipoi
テクニカルディレクター/デバイスエンジニア
 | 
ギルドメンバー

1986年生まれ。大手メーカー系グループ会社にて光学ドライブやゲームコントローラのファームウェア開発に従事。その後広告業界に転身し、株式会社ソニックジャム、株式会社バードマンに所属した後、2018年にマニュファクチュアという屋号にて独立。企業の新規事業プロジェクトやスタートアップ企業に向けたプロトタイプ製作支援、体験型広告のテクニカルディレクションなどを行う本業の傍ら、たまに工作やワークショップをしたりする髪の長いおじさん。

吉田朋生
エンジニア
 | 
ギルドメンバー

1988年生まれ。2018年にブルーパドルに入社するため上京した関西人。ソフトとハード、フロントエンドとバックエンド、ライブ演出、映像など横断して考えて画面からはみ出るものを作るエンジニア。現場好きで撮影や設営も得意。今のところ嫌いな食べ物がないのが自慢。ファストカルチャー系ユニット1980YENのWebサイトの実装や、ライブ中にカニというとカニが飛ぶサイト演出(誰にも頼まれてない)など、技術的な部分を担当している。

こどもコンテンツのご相談、お待ちしております!

CONTACT

  •