どんな会社?

Blue Puddle Inc.は
様々なブルーパドルを
発見していく会社です。

2016年7月、面白法人カヤックから独立した、佐藤ねじ・深津康幸で設立しました。WEB、アプリ、デバイス、インスタレーションなどデジタルコンテンツの企画制作をしています。

私たちの目的はただ1つ。世の中でまだ見つかっていない、空いてる土俵「ブルーパドル」を1つでも多く発見していくことです。
 

ブルーパドルって何?

ビジネスの世界では、新しい市場のことを「ブルーオーシャン(海)」と表現しますが、それは簡単に見つけられるものではありません。

それに対して僕たちは、「小さいけど新しいアイデア」をたくさん見つけていこうと考えています。

海サイズの発見は無理でも、水たまりサイズの発見なら見つかるだろうと。水たまりは英語で「パドル」ということから、その発想法を「ブルーパドル」と命名しました。

もうやり尽くされたと思われているレッドオーシャンの中にも、まだまだブルーパドルは隠れているのです。
 

小さなアイデアって意味あるの?

僕らが探しているアイデアは、ビジネスに直結しないものも多いです。しかし、それがどんなに小さいアイデアだとしても「新しいこと」には価値があると考えています。ラーメンズの小林賢太郎さんにこんな名言があります。 

「0から1は作れなくっても、もがき苦しめば0.1くらいは作れるんですよ。必死になってやれば。それを10回繰り返せばいいんです。」

まさに「0→0.1」の発見こそ、僕らにとって「ブルーパドル」の事です。そして僕らはそこに、テクノロジーやデザインを駆使して、コンテンツに仕上げることをやっています。
 

どんな仕事をやっていくの?

詳しくは下にまとめていますが、「受託事業」「ブルーパドル事業」「作品事業」の3事業を設定しています。

受託事業は、いわゆるクライアントワークとして広告・PRの企画制作。

作品事業はその名の通り、純粋に作品をつくる自社コンテンツ事業です。

変わっているのは「ブルーパドル事業」です。これはブルーパドルの発見を目的とした受託事業で、予算が合わなくても請ける仕事です。

アイドルやミュージシャンのPV、ライブ演出、大企業の広告などに先端のデジタルクリエイティブは注がれています。しかし例えば、商店街にある昔ながらの床屋さんに、その熱量が注がれることは、普通はないと思います。(あったらすみません)

床屋のマスターが、もっと客を呼びたくても、相応の予算がなければ、Web会社に頼むことは難しいでしょう。でも一流のデジタルクリエイティブが床屋に注がれたら、もしかしたら日本で一番素敵な床屋のサイトが作れるかもしれません。僕らは、そういう所に魅力を感じています。

NPO・商店街の蕎麦屋・インディーズアーティスト・誰かの誕生日サプライズ・たった一人のために作るIoTなど、面白い人たちの応援をしたい。その意味で、この事業は「クライアントのブルーパドル」を見つける目的でやっています。こういう仕事を請けるために、独立した側面もあります。

僕らの作るものに共感して頂けて、まだデジタルにとって未開拓なクライアントと出会うこと。そんな方たちの、課題解決をしつつ、ブルーパドルを生むことをしたいと考えています。

BluePuddle Inc.を、よろしくお願いいたします。

1 : 受託事業

「問題解決」と「新しさ」の交差点

WEB、アプリ、デバイス、インスタレーションなどデジタルコンテンツの企画制作。また、グラフィック、プロダクト、サービス、イベント、空間、企業PR、ブランディングなど、ジャンルを問わず、デジタル技術を活用して、クライアントの問題解決にコミットします。

さらに「クライアントの問題解決」に加えて、「ブルーパドル=小さな新しさ」の交差点をいつも探しています。新しくなくても、問題解決はできます。交差点を探すなんて、余計かもしれません。

しかし、これがうまく合致すると、より面白いPRになったり、素敵な商品が生まれたり、ふつうより面白い方法で、問題解決につながったりします。ちょっと普通ではない方法が必要なとき、私たちを呼んで頂ければと思います。

得意な制作物

  • 面白いWEB

    踊るWeb、世界で最も小さなサイト、すごいWeb、クリックしてはいけないWeb …。面白いWeb表現は、まだまだ可能性があります。

  • ちゃんとしたWEB

    変なWEBばかり作る訳ではなく、目的を達成するために、アイデアや演出を考え、ふざけていないWEBもしっかり作ります。

  • アイデアのあるアプリ

    Blue Puddle Inc.としての製作実績はまだ少ないですが、過去にたくさんのアプリを作ってきました。

  • 面白グラフィック

    特にアイデアのあるグラフィックが得意です。

  • 面白グッズ

    グッズのアイデアがたくさんあります。気の合うプロダクトデザイナーさんや、メーカーさんとの出会いを探しています。

  • 社会課題

    社会課題について、デジタルの力で支援できることがないか、私たちなりの方法でコミットできることはないか、考えています。

  • アイデア出し/ブレスト

    アイデアを考えること、そのものが好きです。まだ形にならなくても、ぜひいろんなブレストにお誘いください。

  • Event/Installation

    WEBだけでなく、体験できるコンテンツも作ります。

  • 新しいアイデア

    まだ定義できない、小さくても新しいアイデアを、作っていきます。こんな考えがありますということで「架空の実績集」も作りました。

2: ブルーパドル事業

世界にはデジタルクリエイティブが届いてない場所がたくさんある

町の蕎麦屋さんに、私達が培ってきたUIやWeb表現のクリエイティブの知見の全てを注いだら、何ができるのか?

凄腕の整体屋さんと、VRを組み合わせたら、どんな面白いことができるのか?

バズ広告の手法を、意義のある活動をされているNPOの告知に応用してみたら?

よいアイデアのIoTやデジタルデバイスって、製品化の壁で実現が難しいけど、そもそも個人商店なら一点もののプロトタイプで成立するのでは?

予算が合わなくても、新しい表現・ブルーパドルが生めそうなお仕事。私たちが応援したい!と思える「スタートアップ・個人商店・中小企業・NPO・アーティスト・個人」。そんな方々をデジタルやアイデアで、もっと面白く伝えるお手伝いをし、ブルーパドルを発見したいと考えています。

毎月、お請けできる案件数は限られてしまいますが、ぜひ、お気軽にご相談ください。

例えば、こんな応援をしました!

      野菜と畑のエヴァンジェリスト「ヤサイくん」
      個人プロデュース / 増田 渉 / 2017
      農業を面白くしたいという個人をプロデュースしました。
      しゃべる名刺
      名刺 / 2014
      iOSエンジニアの堤さんの個人名刺です。iOSエンジニアという特性を生かし、iPhoneと絡めた名刺を作成しました。
      商店街のシャッター
      installation / 逗子銀座商店街 / 2016
      絵を描くだけが、シャッターアートではない。これは逗子銀座商店街に設置された、しゃべるシャッターです。
      熊本地震のボランティア
      Web / 2016
      1日でWEBを作る必要があり、最速の7時間で制作しました。WEBを早く作れるという特技がボランティア活動として役立った、特殊な事例です。
      小学校の卒業証書
      卒業証書 / 多摩市立愛和小学校 / 2015
      たった8人の子供のために、特製でつくったiPadの卒業証書です。ホーム画面を卒業アルバムに見立て、写真やタイムカプセルを用意しました。

3 : 作品事業

意味ないものもたくさん作る

そして3つ目の事業は、あんまり意味はないけど面白いと思うものをつくる事業です。デザインには「問題解決」や「役立つこと」が求められますが、「問題提起的な作品」や「役立たないけど面白いもの」に、人は刺激を受けたり、心休まったりすることも多いのではないでしょうか。

そして、そういった場所にブルーパドルはたくさん潜んでいます。意味がないから、ビジネスにならないから、多くの人はスルーしてしまいます。しかし、私達はブルーパドルの発見を目的にしていますので、体力の許す限り、いろんな作品製作や、活動をしていきたいと考えています。

作品事業でやってること

      5歳児が値段を決める美術館
      ECサイト, Web / 2017
      こどもが4歳から5歳のあいだに作った作品を、こどもが決めた値段で販売するECショップ。152円から1億円や無量大数円まで、個性的な値段がついてます。
      変なWEBメディア
      変なWeb / 2017
      「WEBの技術×記事」の組み合わせでいろいろ遊ぶ、WEB作品集です。
      くらしのひらがな
      あいうえお表 / 2016
      家のいろんな空間に、立体ひらがなを配置し、子供にひらがなを覚えてもらうための「暮らしのあいうえお表」を作りました。
      世界で最も小さなサイト
      変なWeb / 2014
      世界で最も小さなサイトです。
      レシートレター
      レシート / 2015
      レシートの商品名のところを、メッセージに変えた「レシートのふりをした手紙」です。WEBで話題となり、テレビでも紹介されました。
      たぶん世界最年少のクリエイティブディレクター
      息子シリーズ / 2013
      サイトデザインから構造設計まで、すべて1歳の息子にディレクションしてもらった Webサイトです。
迷惑メール
spam@blue-puddle.com

迷惑メールを送りたい方は、上記のメールアドレスまでよろしくお願いいたします。